美ら海水族館 観光

2019年8月19日(月) 沖縄4泊5日旅行 2日目

美ら海水族館の全体地図

美ら海水族館の子供の遊具・遊び場

美ら海水族館の手前に子供が遊べる遊び場があります。かなり敷地が広く、さらにネット型の大きな遊具なので、子供を見失うと大変です。

ネットゆうぐさざなみゾーンという名前が付いていました。

広いので奥のほうまでつながっています。

広大な敷地があるので、遊び放題です。

ここの遊び場だけで、しばらく遊べるかも・・・というぐらい広いですね。

美ら海水族館 入り口

JTBのチケットで、美ら海水族館の入館券は500円でした。

美ら海水族館 タッチプール

タッチプールはとても人気で、人がたくさんいます。

ヒトデとかなまこなどの生き物を触れます!美ら海水族館の見どころです。

大きなヒトデとなまこがいました。

アオヒトデもいました。

8月の水温は29度でした。

サンゴ礁の見学です。

美ら海水族館だけの限定「ムレヤギ」があります。

いろんな色のお魚がいてカラフルです。

ハナタカサゴは、美ら海だけみたいです。

美ら海水族館のお魚餌やりタイム

1日3回ほど、お魚への餌やりタイムがあって見学ができます。たまたま13時からの餌やりタイムが見学できました。

餌をいろんなお魚にあげたいので、餌の入った網を水槽の中でぐるぐるかき混ぜたりするそうです。

餌がくるとわかると、魚たちが騒ぎ出します。

お魚が大量に餌の入った網を狙って行きます。

サンゴの部屋

人が多すぎて見学できず・・・こりゃーダメだと思い、一時退場して再入館してあとから見ることに。

マナティー館の見学

美ら海水族館を出ると、マナティー館が目の前にありました。

マナティーのオスとメスがいます。

美ら海水族館では、アメリカマナティーがいるそうです。

マナティー館を見た後は、近くにあるオキちゃん劇場へ向かいます。14時30分からイルカショーがあるということなので、混雑する前に行こうと思い、14時10分頃会場へ。

美ら海水族館 オキちゃん劇場 イルカショー

イルカショーの開場時間の15分前に到着しましたが、すでにたくさんの人で席が埋まっています。

最後の大技です。イルカが全員集まって同時にジャンプです!

美ら海水族館を再入場して見学

美ら海水族館は再入場できます。ですので途中で抜けてもう一度入っても良いですね。今回は、再入場で少し人が少なくなってから見学しました。

サンゴ礁の危険生物

沖縄のイセエビ

超おっきいエビです。

マングローブの生き物

チンアナゴ

穴掘り名人トラフシャコ

黒潮の海 ジンベエザメ

美ら海水族館でもっとも有名なジンベエザメと大きな水槽にいる魚たちが見れました。マンタもすごい大きいです。

ジンベエザメ2匹がすれ違います。

ジンベエ・マンタコーナー

ジンベエザメを上から見学できる黒潮体験

大王イカ

深層の海(Deep Sea)

子供が遊べる場所がありました。

美ら海水族館のお土産

美ら海水族館だけの限定商品もあります。

サメ、ジンベエザメ、イルカのがまぐちお財布が限定商品。

水玉のストラップが限定商品。

女性向けのかわいいシュシュも美ら海水族館限定商品です。

美ら海水族館 出口の会場

水族館を出てもまだ、展示コーナーがありました。

ほんとに1日美ら海水族館を観光しました。じっくり見るなら1日欲しいですね。美ら海水族館は、海洋博公園のひとつで、海洋博公園には他にも見るところがあるので、じっくり見るなら近くのホテルで1日かけてみるのも良いなと思いました。

(Visited 24 times, 1 visits today)
スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク